記念硬貨買取り.net|遺品整理で失敗しない!口コミで判明業者TOP5

記念硬貨買取でクリーニングは価格下落を招く?

記念硬貨買取の失敗談としてよく挙げられている内容をご紹介します。

「物置を掃除していたら古くて汚い記念硬貨がたくさん見つかった。
買取をしてもらうときにこんなに汚い状態では査定額が低くなるだろうと思い、必死に一枚一枚磨くことに。
ぴかぴかになったのでようやく査定依頼をし、自信満々で査定額を待っていたら、思わぬ低額でびっくり・・・。」

意外に思う方が多いと思うのですが、記念硬貨などのコインや古銭に関しては古さに価値が出ると言われています。
つまり、クリーニングによってピカピカに磨かれたコインや古銭のほうが査定がぐっと下がってしまうということなのです。

にわかに信じがたいのですが、コインや古銭は見つかった状態のままで査定に出すのが一番良いとされています。
査定士に、
「古い品物のほうが査定額が高くなるので、変に磨かないでください」 と言われてしまったという経験をしたことがある方、わりといらっしゃるようですよ。

一枚一枚消しゴムで汚れを落としていた方、いらっしゃいませんか?
実は汚れが取れてしまうだけでなく、細かい傷がついてしまうので絶対にしてはいけないことのひとつです!

手間をかけて査定額を低くしてしまうというのは避けたいものですね。